1. 基調講演
    1. Takuya Oikawa
      1. Google Developers
      2. Chrome
        1. モダンブラウザ
          1. 67%
          2. 日本では60%
        2. アクティブユーザー
          1. 2億人
          2. 開発プラットフォームとしての機能を充実
      3. HTML5
        1. 3D graphics
        2. Device Access
          1. 音声入力
          2. Input タグ
        3. Offline
        4. demo
          1. WebGL Bookcase
          2. Chrome Developer Tool
          3. 難読化を読めるように
          4. 下部の中括弧アイコン
          5. input タグ
          6. typee=color
          7. Resource
          8. CSSの変更履歴を追うことができる
          9. Revert可能
          10. Saveも可能
          11. Eiji Kitamura
        5. WebM
        6. Web Audio API
          1. リアルタイムでの編集
          2. Web Audio Drum Machine
          3. Plink
        7. Chrome FRAME
          1. IE等にChromeの機能を提供
        8. Chrome ウェブストア
          1. 5%の手数料のみ
          2. 現在アメリカでのみ
          3. 近々日本に展開
        9. Cacoo
          1. Web上で図の作成&リアルタイムコラボレーション
    2. Brad Abrams
      1. What' Next?
        1. About people
      2. Android
      3. Chrome
      4. Google+
        1. ラリー&セルゲイ
          1. ユーザーフォーカスが最も大切
          2. ニーズは常に変化
          3. Webで共有
          4. 実世界とは異なる
          5. だからこそGoogle+
          6. Google+あなた
        2. Hangouts
          1. Demo
          2. Daniel 'Wolff' Dobson
        3. Plugins
          1. +1ボタン
          2. 5B ページビュー
          3. 検索結果をクリックする際、友人が推奨しているかのアノテーション
          4. 一番重要なのはWebページ
        4. APIs
          1. RESTful
          2. JSON
          3. OAuth2
          4. Client Librarys
      5. App Engine
        1. 200K Apps
        2. 100k Developers
        3. 2B Pageview per day
        4. Person Finder
          1. HTML5 + Google App Engine
        5. Google Cloud SQL
          1. developer preview
          2. demo
          3. Takashi Matsuo
          4. Create Table -> Select
          5. google.appengine.api.rdbms
          6. connect -> execute
        6. Google+ API
          1. スタータープロジェクト
    3. Tim Bray
      1. Android
        1. Chrome とともに最も力を入れているプロダクト
      2. 1日辺り50万台のデバイス
      3. 190M devices activated
      4. 48 メーカー
      5. 277 キャリア
      6. 137ヶ国
      7. 80億ダウンロード
      8. デベロッパーとして大きなチャンス
      9. 300K のApp
        1. 際立つためには努力が必要
          1. 使い易い
          2. 高速
          3. ユニーク
      10. Android Market
        1. Webに展開
        2. 電話代から請求可能に
        3. InApp Billing
          1. アプリからものを買うことができる
      11. Icecream Sandwich
      12. API
        1. PROFILE
          1. リンクトイン
          2. Google
        2. Camera
          1. 顔、目、鼻を認識
          2. 非同期、時間がかかる
        3. カレンダーAPI(公式)
    4. Kenichi Kanbara
      1. 世界フォン
        1. 同時通訳
    5. Tony Chan
      1. Icecream sandwitch
        1. 直感的なコンタクトリスト
        2. Android Beam
          1. NFC を利用して近距離で情報をやりとり
          2. 背面をあわせ情報を共有
        3. 顔認識 ロック解除
    6. Ken Tokusei
      1. Three More Things
        1. なにごともエンジニアありき
        2. 百聞は一デモに如かず
        3. 日本で「イケる!」と思ったら、世界のみんなも同感するかも
  2. Android の最新情報
    1. Icecream Sandwitch
      1. BEAUTIFUL EXPERIENCE
        1. 感情的なつながり
        2. 視覚的な魅力
        3. フォント
          1. 新しいフォント
          2. Roboto
          3. 現時点ではラテン文字のみ
        4. Intimacy
      2. CONVERGED PLATFORM
        1. Navigation Bar
          1. ホーム、戻る、履歴
          2. ホームの長押しはわかりにくい
          3. 常にこの領域は存在する
          4. 隠すことはできる
        2. ActionBar
          1. 上部の青いバー
          2. honycomb の人気機能
          3. 携帯ではスペースがない
          4. 分割する SplitActionBar 自動化
          5. ActionBar、Menu、本体に何を入れるか?
          6. 芸術的な要素
        3. Notifications
          1. 個別の通知をなくすことができる
        4. Launcher Widget
          1. ListView, GridView,StackView
          2. ウィジェットは頻繁に利用される
        5. Fragments
          1. honycomb以来
          2. アプリケーションを論理的な塊に分ける
          3. タブレットでは同時に表示、携帯では別のActivityとして
          4. 実際には機能ユニットであり画面ユニットではない
        6. honycomb で動くものは動く
      3. NEW CAPABILITIES
        1. Intent
          1. 利用するためには
          2. 数百行のコード
          3. 微妙に異なる呼び出し方
          4. 解決
          5. Share Action Provider
        2. Social APIs
          1. Uesr Profile
          2. READ_PROFILE パーミッション
          3. WRITE_PROFILE パーミッション
        3. Calendar API
          1. データベースは非常に複雑
          2. カレンダーを利用するときはIntentを利用するとよい
          3. 今までの非公式APIは、ICSでは動作しない
        4. Multimedia
          1. OpenMAX AL
        5. Camera
          1. 顔認識API
        6. Android Beam
          1. NFC Push
          2. NDEF messages
        7. Wi-Fi Direct
          1. アドホックなWi-Fi接続
        8. Network Usage
          1. データの使用量解析
        9. Enhanced Accessibility
        10. Properties
        11. Enterprise Features
          1. カメラの利用不可
          2. 職場でカメラ機能を無効にする
        12. VPN Support
          1. IPSec Support
        13. WebKit
          1. いくつかの改善
          2. フォントに対応
          3. 高速化
        14. New Widget
          1. GridLayout
          2. TextureView
          3. Switch
          4. PopupMenu
        15. その他
          1. Bluetooth Health Profile
          2. Text to speech
  3. Androidの優れたユーザーエクスペリエンス
    1. Ryosuke Matsuuchi
    2. 成功するためには?
      1. クオリティ
        1. Be fast
          1. No I/O UI thread
          2. use StrictMode
          3. TraceView
          4. 計測せよ!
          5. Learn about AsyncTask,IntentService,Loader
          6. 0.2秒以上でプログレスバー&キャンセルできること
          7. No serious computing either
        2. Be usable
          1. マニュアルが必要ならなにかおかしい
          2. ドナルドノーマン 誰のためのデザイン
        3. Be beautiful
          1. Typography
          2. Color
          3. Motion
          4. Layout
          5. デザイナーとコラボレーションして
        4. Be Android
          1. Androidらしく
          2. バックボタンの動きに気をつける
          3. 2つバックボタンがあって動きが違うなど
        5. Listen to your users
          1. Google Analytics for Android
          2. ボタンなどすべて計測できる
          3. すばやくリリース、頻繁にアップデート
          4. 絶対値としてのクオリティが同じなら、アップデートされている方が魅力的
    3. Android 4.0
      1. System Bar(Tablet),Navigation Bar(Phone)
      2. Recent
        1. 起動しているAppの一覧
      3. Simplify UI
        1. 余分な枠線を減らす
        2. スペースを生かす
      4. xhdpi
        1. 320dpi
        2. Launcher icon 96 x 96px
      5. No MENU
        1. メニューボタンは必要ではない
          1. Action Barを利用する
      6. Resource qualifier for Smallest Width
    4. UI パターン
      1. Action Bar
        1. ICS で機能強化
        2. 左端 App Icon (上に行く)
        3. 中 View details (アプリの中でどこにいるのか)
        4. 右 Action Buttons (何ができるのか)
          1. 右端にメニュー(Menuキーの変わり)
        5. Stacked Action Bar
          1. タブが自動的に2列目に
        6. Split Action Bar
          1. 場所がない場合に、画面の下部に分割されたAction Barが表示される
      2. Multi-Pane Layout
        1. 画面が狭いときは、画面遷移、広ければ同時に表示
          1. Fragments
          2. ライフサイクルの機能はFragmentに実装、Activityは薄いラッパーとして作成
          3. 柔軟に対応できる
          4. Android1.5以上で利用可能
        2. 画面の向きに対する対応
      3. App Navigation
        1. Action Barを通じて、Up を提供
      4. その他
        1. APKはできれば一つに
        2. コンパチビリティライブラリを利用して、後方互換をとる
        3. 9patch ビットマップ
        4. dimens.xml
          1. 画面に応じた設定を外だし
          2. Quolifiyer
        5. Android UI Utils
  4. HTML5による最新Webアプリ
    1. Elic Bidlman
      1. モダンなWebアプリケーションとは
        1. クラウドを駆使 + Native & デスクトップのリッチさ
        2. HTML5を使う!
          1. WebSockert、Worker、Offline
        3. リッチ
          1. CSS3
          2. Webフォント
          3. 既に知っているものをWebアプリケーションとして利用する
          4. すばらしいユーザーエクスペリエンス
      2. どのように実現するか
        1. 参入障壁を下げる
          1. ユーザーID、パスワード 等を入れさせない
          2. OpenId
          3. Google Identity Tooolkit
        2. 反応のよいレイアウト
          1. デスクトップ、タブレット、電話
          2. CSS media query
          3. link ref="styesheet" media="all" href="/css/test.css"
          4. JavaScript media query
          5. window.matchMedia('hoge')
          6. サイズによって、デザイン、タッチイベントハンドラなど切り替え
        3. HTML5 HIstory API
          1. ブラウザのボタンを利用可能
          2. window.history.pushState()
          3. オンザフライで、URLが変わる
          4. Infinit Scroll
          5. ページをめくっているように見えるが、シングルページ
        4. Input type="file"
          1. webkitRelativePath
        5. ドラッグ&ドロップ
          1. Webアプリケーションに
          2. ブラウザからPCへ
        6. Cut & Paste
          1. 写真や音楽ファイル
          2. onPaste イベント
        7. オフライン対応
          1. lawnchair
          2. パフォーマンスは機能
          3. AppCache
          4. Store Data Locally
          5. Animate with CSS3 Transition
          6. Workers (non-blocking) UI
        8. 音声対応
          1. input type="text" x-webkit-speech
          2. 属性
        9. ユーザーに情報を送り続ける
          1. Notification API
          2. テキストだけでなく、任意のHTMLを通知できる
        10. 古いブラウザー
          1. PolyFills
          2. 古いブラウザに対してHTML5を利用可能にする
          3. JavaScriptライブラリ
          4. Chrome Frame
          5. HTML5 BOILERPLATE
          6. modernizr
      3. どのように広めるのか
        1. Chrome Web Store
          1. Appを見つけやすく
          2. Web アプリケーションを収益化
          3. Sliverlightでもなんでもよい
          4. 手順
          5. マニフェストファイルを作成
          6. 手数料は5%
          7. HTML5Rocks.com
  5. ignight
    1. Device
      1. Bluetooth
      2. google sketchup
      3. Arduino
      4. ADK Hosted Mode
      5. ADK Accessory Mode
      6. EAGLE
        1. 配線ソフト
    2. AOSP
      1. Android Open Source Project
      2. SDKもOpensource
    3. Google Discovery Service
      1. APIs Directory
      2. Directory Document
      3. API Explorer
      4. WSDL
        1. オワコン
      5. google-api-{language}-client